プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

お問い合わせ:
nankigakudo[at]gmail.com
([at]を@に書き換えてメールをお送りください。)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインガルトナー「日本の歌」等をテーマにした論文(ウィーン大学)

名指揮者フェーリクス・ワインガルトナーは、来日するよりまえに、和歌(独訳)による歌曲集「日本の歌」を作曲、その貴重な楽譜は南葵音楽文庫にふくまれているところから、2008年の<南葵楽堂の記憶>コンサートでも演奏された。詳細は本ブログでも紹介している。 このほど、この歌曲集をふくむ日本の詩による歌曲(ストラヴィンスキ、アイネムらを含む)についての研究が、Diplomarbeit としてウィーン大学に提出されていることが判明した。提出は2010年。ドイツ語で102頁あり、著者はkeiko Hasegawa さん(漢字名不詳)タイトルは"Japanischer Frühling" 副題は Untersuchungen von Vertonungen japanischer Lyrik in deutschen Nachdichtungen im 20. Jahrhundert   なおpdfで全文を読むことができる。
http://othes.univie.ac.at/11063/
(論文の著者漢字名は 長谷川啓子 氏であることが、ご本人からの連絡で判明しました) 
スポンサーサイト

南葵音楽文庫特別公開(1967)のチケット

南葵展覧会1967チケット

南葵音楽文庫特別公開(1967年、東京と大阪で開催)の際の入場券。ほかに前田育徳会所蔵の貴重楽譜も展示された。それ以来公開展示は開催されていない。

和歌山県議会 南葵音楽文庫のための補正予算可決

 和歌山県議会は、南葵音楽文庫の寄託受入に関連して、平成28年度の図書館予算に、3330万3千円の追加補正を盛り込んでいたが、6月議会の承認をうけた。内容は、委託料17433千円、備品購入費15870千円である。  www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010400/yosan/documents/15_2016.6_saisyutsu_kan10.pdf

南葵音楽文庫、和歌山へ寄託へ

読売新聞は、6月21日、南葵音楽文庫が和歌山県に寄託され、博物館などで公開されると報じた。www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160622-OYO1T50006.html

1977年に再閉鎖されてから40年ぶりとなる。

南葵楽堂の設計図面

設計図、南葵楽堂

ヴォーリズが設計した南葵音楽文庫を階下にもつ南葵楽堂の設計図面がのこっている。竹中工務店の寺田善男氏らの調査報告で(とても小さい画像だが紹介され、専門家の立場から報告がなされている。図面の数は60枚ほどもあるという。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。