プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

お問い合わせ:
nankigakudo[at]gmail.com
([at]を@に書き換えてメールをお送りください。)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

戦時下の南葵音楽文庫

太平洋戦争の間、南葵音楽文庫は東京・三田の慶應義塾図書館に寄託されていた。慶應側の文献に、空襲下の南葵音楽文庫を伝える記述がある。
「五月に東京と横浜に空襲があって被害が出たが、その後しばらくは地方都市に攻撃が加えられて東京は無事であった。空襲警報はたびたび発令されたが、それは地方都巿攻撃の帰りの敵機が柬京近くを通る警戒のためであった。しかしその間にも東京への再度の空襲は予想された。敵機から撤布された宣伝ビラには虎刈りから丸刈りにするぞとあったと噂された。図書の疎開が引続いて急がれた。(中略)とやこうするうち爆撃に会った。幸い新書庫は無事であったので、罹災後始めて館長・理事らが書庫を見分した六月四日の翌日から、二日に亙って搬出された。搬出先は千葉県下の呉服屋の倉庫であった。」

南葵楽堂の印章(印影)です

印影
資料に押印されていた印影をスキャンしました。楽堂が建築されてから、おそらく短期間しかしようされなかったため、資料が入った年代を特定するのには役立つかもしれません。

辻邦生による 南葵楽堂演奏会 の描写

写された港区3より 南葵楽堂_convert_20141016090238
港区教育委員会が以前に刊行した「写された港区」(3)に紹介がありました。南葵楽堂におけるコンサートの様子として、辻邦生の小説「樹の声 海の声」の一節が引用されています。


ヴォーリズの記念切手発売

 記念切手シート010
南葵楽堂の設計者ヴォーリズの没後50年を記念した切手が発売された。ただし滋賀県でしか販売されていない。また南葵楽堂は残念ながら絵柄として選ばれていない。

南葵音楽文庫を紹介する講演会開催

CCF20140927_00002_convert_20140927091512.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE