プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

お問い合わせ:
nankigakudo[at]gmail.com
([at]を@に書き換えてメールをお送りください。)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

徳川頼倫の英文紹介アップ

徳川頼貞の父君にあたる徳川頼倫の紹介文と、南葵文庫について、港区のサイトに掲載されている。週に何度も通ったという永井荷風、文庫をわが国の誇りとした島崎藤村といった「ご近所」の住人たちにとのつながりなどにも行がさかれている。
https://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/e/man-detail.cgi?id=67

デジタル化作業の様子を紹介

南葵音楽文庫貴重資料のデジタル化をおこなっている一般社団法人芸術資源マネジメント研究所のホームページに,実際の作業の様子を写した画像が掲載された。ドイツ製ラインスキャナーBookeyeが導入されている。A2版程度の大きさの画像を収録でき。見開きの高さを左右でそろえるクレイドルが装備されている。下記url あるいは同研究所のトップページから受託事業にアクセスする。
http://arts-management.or.jp/?page_id=63

南葵音楽文庫貴重資料デジタル化完成に目処

関係者によれば、南葵音楽文庫に所蔵されている貴重資料のうち写本資料について、2014年春までに9割以上のデジタル化が完了しており、本年中にはすべて完了の見込みという。

南葵音楽文庫ウェブ紹介の記事

IAML紹介記事

音楽関係の図書館、資料館などで管理運営を担当している人たちの国際組織日本支部のニュースレターに、南葵音楽文庫がウェブで紹介されはじめたことを伝える記事が掲載された。

読響サイトで南葵音楽文庫紹介はじまる

10154357_639441476130019_1323683028226799864_n.jpg

南葵音楽文庫を現在所蔵している読響のサイトで、待望の資料紹介が一般音楽ファン等を対象にして、5月1日から始まった。成り立ちの紹介、慶應のデジタル南葵楽堂とのリンクもある。紹介資料がふえるのが愉しみだ。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE