FC2ブログ

プロフィール

南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

Author:南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

南葵音楽文庫:
紀州徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫(現在和歌山県が保管)についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

徳川頼貞の著述をまとめて展示

国際文化
徳川頼貞は「薈庭楽話」のほかに、さまざまな書籍、雑誌に寄稿し、また請われて対談に応じた。その多くを集めた展示が7月13日から和歌山県立図書館南葵音楽文庫閲覧室ではじまっている。同図書館の蔵書のほか、個人所蔵の資料を加えて展示し、その目録が同閲覧室で配布されている。なお、徳川頼貞の著述全体をまとめた目録はなく、今後調査と蒐集がすすみ、同図書館が備え付けになることが望まれよう。
画像は戦中の「国際文化」の目次で、対談では、南葵文庫とも関わりが深い黒田清と、フィリピンの文化、とくに音楽について語り合っている。

あいつぐ南葵音楽文庫を活用した演奏(和歌山)


DSC09770.jpg
南葵音楽文庫資料を活用した演奏が続いている。7月13日、和歌山緑風舎では宮下直子(ピアノ)、林裕(チェロ)により、「何故?」を含むホルマン作品が、セルヴェなど他のチェリスト=作曲家の作品とともに演奏された。また21日には地元の高校が定期演奏会で、吹奏楽版の序曲「徳川頼貞」を演奏するという(地元紙の記事による)。

新宮市で南葵講座開催(6/1)


2019年6月1日(土) 13:30~15:30 新宮市福祉センター 1階 集会室で今年度最初の定期講座が開催される。新宮は、紀州徳川家の中でも有力な水野氏の城下町でもあったし、江戸との交易でもさかえた。
詳細と申込用紙(方法)は
https://www.lib.wakayama-c.ed.jp/
から。

作曲家ヴァンサン・ダンディの自筆サイン発見

「フランス山人の歌による交響曲」などで知られるフランスの作曲家、ヴァンサン・ダンディの自筆サインと献辞、日付がある著作が、南葵音楽文庫の蔵書のなかに含まれていた。和歌山県立図書館で毎週開催されているミニレクチャーで、来年1月6日に報告される。著作は、当文庫のなかにふくまれ、徳川頼貞がパリでダンディを訪問した際に、本人から贈られたと思われる。なおミニレクチャーの予告によれば、頼貞に贈られた写真もあるという。ミニレクチャーの予定は、既報のとおり。

毎週毎週 レクチャーを開催 南葵音楽文庫

ミニレク2019年1-3月オモテ
南葵音楽文庫の紹介、関連情報、発見、かかわりのある音楽作品など、毎週毎週、年間に50回ものレクチャーがおこなわれている。各回の内容詳細は、図書館のHPにあるが、内容は専門性も相当ある。講師は、現在調査にあたっている5名の専門家が交互に担当している。 

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE