プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

南葵楽堂の記憶:
麻布飯倉の(紀州)徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

「麻布飯倉 南葵楽堂の記憶」コンサート プレ・イヴェント開催

「麻布飯倉 南葵楽堂の記憶」コンサートを開催する実行委員会の母体は、慶應義塾大学DMC機構です。また港区のサポーターの方々とともに、ひとりでも多くの方に南葵音楽文庫、南葵楽堂について知っていただくためにさまざまな取り組みをおこなってます。
今回は南葵楽堂の建築がヴォーリズによること、また彼が日本で建築事務所をはじめてちょうど100年目にあたりますので、以下のような内容で開催します。このなかで、講師により、楽堂の原図、東京日日新聞の報道記事、ヴォーリズがマスタードシードに報告した文章、コメントなどのほか、また詩と音楽と言うことで彼が実際に演奏などをしている画像など、従来のヴォーリズ文献ではおそらくほとんど紹介されていない彼の音楽とのかかわりが日に目をみることになりました。

南葵楽堂の記憶 コンサート II プレ・イヴェント

ウィリアム・メレル・ヴォーリズと音楽のかかわりをめぐって
~建築家として知られるヴォーリズは実は詩人であり、音楽家でもあった~


●お話:一粒社ヴォーリズ建築事務所 経営管理室 室長 芹野与幸

一粒社ヴォーリズ建築事務所経営管理室長をお招きし、音楽に深い愛着を抱いていた建築家ヴォーリズと音楽や楽器とのかかわり、南葵楽堂(徳川音楽堂)によせた彼の言葉などをご紹介いただきます。

●日時:2008年9月13日(土)・・・★終了いたしました
    9:30 開場
    10:00-11:30 お話と懇談
●会場:港区立男女平等参画センター「リーブラ」学習室C(JR田町駅芝浦口徒歩2分)

入場無料。会場定員46名です。ご来場を希望される方は、定員および資料準備の関係から、あらかじめ下記にご連絡くださるようお願いします。
連絡先:nankigakudo[at]gmail.com([at]を@に書き換えてメールをお送りください。)
こちらからチラシのPDFデータをダウンロードできます(473KB)。

このプレイベントは昨年度港区慶應義塾大学アート・センター共催アート・マネジメント講座ワークショップ(上演系)受講者有志による標記コンサート・サポーターが中心になって企画・運営しています。
お話の後、来年のコンサートの紹介を予定しています。

「麻布飯倉 南葵楽堂の記憶」第2回コンサート 会場決定


「麻布飯倉 南葵楽堂の記憶」
<カミングズ・コレクションの至宝から>


●日時:2009年2月1日(日)14時開演・・・★終了いたしました
●場所:JTアートホール アフィニス ≫アクセスマップ
    (★前回(2008年1月)のコンサートと同会場が確保できました)

●出演者: ≫演奏者プロフィール
 広瀬 奈緒 (ソプラノ)
 辰巳 美納子 (チェンバロ)
 小林 瑞葉 (ヴァイオリン)
 長岡 聡季 (ヴァイオリン)
 深沢 美奈 (ヴィオラ)
 山本 徹 (チェロ)
 篠田 大基 (レクチャー)

●演奏曲目:
 ベックウィス:ヴォランタリー 第2番
 パーセル:オペラ「インドの女王」より (カミングズ・コレクション所蔵手稿による再現演奏)
   序曲
   ソング〈天にいらっしゃる偉大なる神々よ ― あの人のための苦しみならば〉
 パーセル:オペラ「ダイドーとエネアス」より (カミングズ校訂版による)
   序曲
   〈お前の手を、ベリンダ〉 ― ソング〈私が土に埋められたなら〉
 ヘンデル:チェンバロ組曲 第1巻第5番 ホ長調 HWV430
   プレリュード ― アルマンド ― クーラント ― アリアと変奏(「調子のよい鍛冶屋」)
 スミス:チェンバロ組曲 第2巻第5番 ト長調
   (プレリュード) ― アルマンド ― クーラント ― ラルゴ ― アリアと変奏
 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」より (カミングズ・コレクション所蔵手稿による再現演奏)
   アリア〈かのお方は蔑まれ〉
   アリア〈大いに喜べ〉
 スミス:オペラ「アルタセルセ」より (カミングズ・コレクション所蔵手稿による再現演奏)
   アリア〈私は苦しみの海を航行す〉
   アリア〈あなたは私を怒りで追い出し〉


●入場料金:
 前売り 一般 2500円 小・中学生 1200円
 当日 一般 3000円 小・中学生 1500円

●主催:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会
●助成:港区文化芸術振興基金助成事業
●協力:財団法人読売日本交響楽団
●チケット取り扱い:ソナーレ・アート・オフィス

南葵楽堂 写真

前回のコンサート・プログラムに掲載いたしました南葵楽堂の写真をアップロードいたします。

南葵楽堂外観
南葵楽堂外観


パイプオルガンが設置された南葵楽堂内部
南葵楽堂内部



これらの写真は、『南葵文庫附属御大礼奉祝紀念館大風琴』(発行者名なし、発行年不明。国立国会図書館所蔵)より転載いたしました。「御大礼奉祝紀念館」とは南葵楽堂の別名です。南葵楽堂は、大正天皇の即位の大礼(1915年)を記念して建てられたため、大正時代には「大礼紀念館」とも呼ばれていました。

第3回DMC研究プロジェクト・ショーケース 終了

DMC機構研究プロジェクト・ショーケースが終了いたしました。
ご来場くださいました皆様に厚く御礼申し上げます。

第3回DMC研究プロジェクト・ショーケース



ショーケース当日の様子はDMC機構のページでもご覧いただけます(ページ下の左側の写真が私共のプロジェクトです)。

| ホーム |


 BLOG TOP