プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

南葵楽堂の記憶:
麻布飯倉の(紀州)徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ボグミル・シコラのウェブサイト閉鎖

南葵楽堂や頼貞の手紙など関連した資料が掲載されていたシコラのサイトが、昨年末接続できなくなりました。本ブログのカラムにリンクがありますが、再開のときのために、残しておくことにします。 

フランスの研究集会で南葵音楽文庫紹介

 royaumont_colloque
パリ郊外、ロワイヨモンにおける研究集会のプログラム表紙

南葵音楽文庫の基礎となったカミングズ・コレクションを中心に、その来歴と現状について、おそらく戦後国外では最初の紹介が、2013年11月14日ぁら16日にかけて、ロワイヨモン修道院(現在は音楽などの施設として活用)で開催された国際研究集会で報告がなされた。集会のテーマは、「音楽コレクション:収集家の学識」というもので、南葵音楽文庫については関根敏子氏が報告した。ほかに、メルセンヌ、バーニーなどのコレクションについての報告約20件があった。おって報告書がでることを期待したい。

南葵音楽文庫、楽堂関連の展示開催

 五線譜に描いた夢
東京オペラシティのギャラリーで、2013年10月11日から12月23日にかけて
「五線譜に描いた夢。日本近代音楽の150年」という展覧会が開催された。
そのなかに、徳川頼貞と南葵楽堂についての展示があり、関連資料が展示された。
南葵音楽文庫所蔵になるロッシーニの自筆楽譜、南葵楽堂の設計図などが展示された。
同展の図録にも写真が掲載されている。

| ホーム |


 BLOG TOP