プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

南葵楽堂の記憶:
麻布飯倉の(紀州)徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

徳川頼貞が修復支援のオルガンで音楽祭開催

バンブーオルガン
第二次大戦中の1942年、フィリピン滞在中の徳川頼貞が修復を支援したバンブーオルガンは、マニラ近郊のラス・ピニャスにある教会に、1817年から24年にかけて製作設置された、1031本あるパイプのほとんど(902本)が竹で出来ているというユニークな楽器である。2003年にフィリピン国立博物館は、現在も使用されている唯一の19世紀バンブーオルガンであるとして、国指定の文化財とした。オルガンは、1970年代に、ドイツのクライス社によって再度修復され、現在はこのオルガンを中心にした音楽祭が開催されている。
 このオルガンを軸にした音楽祭は、2015年は第40回を迎え、2月19日から27日にかけて開催された。詳細は
下記のサイトを参照。
http://bambooorgan.org/

| ホーム |


 BLOG TOP