プロフィール

南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

Author:南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

南葵音楽文庫:
紀州徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫(現在和歌山県が保管)についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜多村進(南葵音楽文庫勤務)の資料、和歌山県博に

和歌山県立博物館ニュースによる情報です。
島崎藤村について文学を志したこともある喜多村進は、1932年に南葵音楽文庫が閉鎖されるまで勤務し、その後和歌山にもどりました。そのコレクションの白眉は9000枚にもおよぶ絵はがきです。またオルガンや椅子など南葵音楽文庫、南葵楽堂に関連したかもしれない資料が寄贈されています。詳細は和歌山県立博物館ニュースのブログからblog-entry-85をご覧ください。ただし常時展示されているわけではないとのことです。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。