プロフィール

音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

Author:音楽フロンティアみなと 再発見コンサート実行委員会

南葵楽堂の記憶:
麻布飯倉の(紀州)徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

音楽専門図書館の先駆「南葵音楽図書館」を聴講して

2015年11月28日午後、国際基督教大学図書館にて、タイトルに示した研究発表が林氏によりおこなわれた。100年近くまえに公刊された資料を丹念に探索し、蔵書、楽譜、レコードの点数などが紹介され、それが日本ばかりでなく東洋においても画期的な図書館であったことを確認、また、分類整理について、図書館で用いられたシステムに照らして、特別なものであったと指摘された。
 そのうえで、その当時作成された目録や、来館者名簿などがあれば更に活動の詳細がわかるであろうと結ばれた。
質疑応答にうつり、聴講者のひとりから、南葵音楽図書館当時のものと思われるカードボックスと図書カードが現存しているとの報告があった。南葵楽堂地下の図書部図面がのこっているという付言があった。
 南葵音楽文庫については、従来は所蔵資料の貴重さに重点があったが、音楽専門図書館としての先駆性に目をむけた、まさに「目から鱗がおちるような」報告であった。

| ホーム |


 BLOG TOP