FC2ブログ

プロフィール

南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

Author:南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

南葵音楽文庫:
紀州徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫(現在和歌山県が保管)についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

南葵音楽文庫の「重要資料」新規の選定とその発表

12月2日、和歌山県立図書館において、寄託されている南葵音楽文庫約20000点のなかから、あらたに選定された『重要資料」についての発表があった。半世紀前に「貴重資料」を選び出した目録があるが、あらたに重要資料とは、紛らわしくもある。発表にさいして、配布された資料から、その趣旨の部分を引用してみよう。
以下引用〜
主として音楽史的な観点から選ばれた南葵音楽文庫のなかの貴重資料は、1970年に出版された『所蔵目録(貴重資料)』にほとんど収載されている。また、音楽書、楽譜以外の貴重な資料についても、同目録の音楽外資料として収録されています。 
 それから半世紀を経て、南葵音楽文庫資料をとりまく環境の変化から、ただ西洋音楽史資料の宝庫といった視点からだけではなく、複眼的な視座から所蔵している資料の価値を見いだす必要がうまれてきました。そのため『蔵書目録(貴重資料)』(1970)に記載されてはいない資料のうちから、とくに重要な資料を選定することにより、南葵音楽文庫がもつ価値の評価、意義の理解、今日的な魅力を捉え直し、その発信に資するため、あらたに「重要資料」を選定することにしました。
〜引用おわり
当日は実際の資料を示しながら、選定理由の説明があった。詳細は、「南葵音楽文庫紀要」第2号に掲載されるとのことであった。

<< 和歌山の南葵ボランティアが「かわら版」発行 | ホーム | 作曲家ヴァンサン・ダンディの自筆サイン発見 >>


 BLOG TOP