FC2ブログ

プロフィール

南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

Author:南葵音楽文庫を学び楽しむ集い

南葵音楽文庫:
紀州徳川邸にあったわが国初の音楽専用ホール、そこに併設された南葵音楽文庫(現在和歌山県が保管)についての情報を順次掲載しています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログ内検索

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

南葵音楽文庫に5000万円超の予算(和歌山県)

3月16日、和歌山県議会で、南葵音楽文庫関係予算をふくむ平成29年度予算が可決成立した。図書館分の総額が4814万円で、ほかに読響による記念コンサート、展覧会費で約1000万円。初年度のため設備充実などの費用も含まれている。

南葵音楽文庫、和歌山へ寄託へ

読売新聞は、6月21日、南葵音楽文庫が和歌山県に寄託され、博物館などで公開されると報じた。www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160622-OYO1T50006.html

1977年に再閉鎖されてから40年ぶりとなる。

研究「南葵音楽図書館の成立と展開」掲載

 国際音楽資料情報教会(IAML)日本支部のニュースレター57号が5月25日に発行された。昨年の林氏による例会口頭発表が掲載されている。また長谷川由美子氏による例会傍聴記もある。従来、日本支部はニュースレターをサイトにも掲載しているところから、いずれネット上で閲覧できると思われる。

平成30年度 リニュアール・オープンへ

旧奏楽堂は、改修のため閉館しているが、従来再開時期を明言していなかった台東区は、平成30年度にリニューアル・オープン予定であるとホームページで明らかにした。南葵楽堂から移されたオルガンについて、その修復がおこなわれるかはホームページからは定かではない。

南葵音楽文庫を紹介する講演会開催

CCF20140927_00002_convert_20140927091512.jpg

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE